医療保険へ入る際の注意点!告知義務違反とは?

将来、病院の世話になるかもしれないと考えた場合、公的保険だけでは医療費を賄うことが難しいと言えるでしょう。そこで多くの人は医療保険へ入り、治療費や入院代をカバーするわけですが、契約時には告知義務違反に気をつけたいところです。

新規で契約をおこなう人にとっては「告知義務違反って何?」な状態だと思います。簡単に言えば、契約をおこなう際に「病歴」や「持病」について嘘をついてはダメですよ!といった義務になります。

医療保険は「入院すること」や「本人の体調」と密接な関係にある商品です。持病のある人は健康体の人と比べても病院の世話になる可能性が非常に高いわけですから、保険料が高くなるなどの措置が取られています。場合によっては加入できないといった判断を下されるケースもありますので、やや体調に難ありと思うのであれば事前に保険会社へ問合せをしておくべきでしょう。

告知義務違反については・・・失敗しない為の比較・ランキングサイト【→こちらのHP】で詳しく説明されていますので、気になる方はチェックしておくべきでしょう。実際に読んでみましたが、もしも嘘をついて契約した場合、給付金や保険金が支払われないこともあるそうなので注意が必要です。

また保険料も返ってこないそうなので、今まで支払ってきた料金が完全に無駄となってしまう恐れもあるでしょう。とはいっても保険会社へ嘘の申告をしているわけですから、しょうがないのかもしれませんね。ちなみに上記サイトでは医療保険ランキングも掲載されています。商品のランキングではなく、比較業者のランキングが紹介されているため使い方次第では随分と便利だと思いますよ!

カテゴリー: 保険全般 | コメントをどうぞ

海外旅行保険の比較をする前に知っておくべき情報と知識

http://www.diediedieband.com/外国へ観光などの理由で渡航する頻度の多い人は、海外旅行保険を検討するかと思います。しかし保険とは無縁な生活を送っていると、どの商品が自分にとってベストであるのかも分からないはずです。

また実際に民間の保険会社が扱っている海外旅行保険の商品情報を幾つか読んでみると、保険料が違うだけで中身は同じように思えるかもしれません。しかし中身が同じように見えることには、きちんとしたカラクリがあるんですよね。

一般的に世の中にある全てのサービスは、料金が低いほど「質も低い」ですよね?もちろん「質が低い=質が悪い」ということではありません。料金が安いわけですから、高いものよりも内容が薄くてもしょうがないわけです。つまり海外旅行保険に関しても、保険料が安い商品は高いものと比べて補償内容のグレードが低いと認識しておく必要があります。

他にも外国での事故遭遇率や持病などから、加入者を絞っている場合がありますので、自ずと保険料が安い商品は優良顧客だけが加入しているといったケースも多いのです。

逆に保険料の高い商品の場合には、商品特徴からは読み解けないサービスが付加されていることがあります。コールセンター経由でのサポートが充実している、補償金が支払われる補償範囲が広いなど。

つまり海外旅行保険比較をする時には、事前に基本的な事項を学んでおく必要があると言えるでしょう。無知な状態であれば、前述したことすら分からないわけですからね。こちらは海外旅行保険の比較のおすすめウェブサイト【海外旅行保険比較知っ得Navi】となっていますので、加入前に一通り目を通しておくといいでしょう。

海外旅行保険比較を主におこなっているサイトですので、知識が高められると思いますよ♪

カテゴリー: 保険全般 | コメントをどうぞ

がん保険の徹底比較!単独・家族タイプはどちらがお得?

がん保険に限った話ではありませんが、おすすめの保険商品というものは、人によってその保障内容も異なります。例えば極論を言ってしまえば「がん保険」の場合、男性の契約者であるにもかかわらず女性特有の癌(乳癌など)も保障される保険へ加入する意味はあまりありませんよね?

もちろん統計上、男性であっても乳癌を発症するケースは稀にあるそうなので、全くの不要というわけではありません。しかし乳癌への保障がついていることで保険料が一気に増すのであれば、男性ならではの癌保障が充実した商品へ加入したほうが万が一の時に受けられる恩恵も大きくなるはずです。

つまり男女の違いだけであっても、どういったがん保険がおすすめであるのかも変わるわけです。しかし性別に関係なく、共通してメリットを受けられる場合もあるのです。例えば結婚をし家族が居る場合、契約タイプによっては「単独」「家族」タイプの2種類が選択可能です。http://www.ampwaverley.com/

では、この2種類・・・どちらを選んだ方が一般的には有利なのでしょうか?もしも気になる方がいらっしゃれば、がん保険を徹底比較【http://www.ampwaverley.com/】の個別ページを読んでみてください。

携帯電話などは「家族割」があることから、家族で契約した方がお得になるケースが多いですよね。しかし、がん保険では違うのかもしれませんよ?答えはどちらでしょうか。

今回紹介したサイトは主に比較情報を掲載しているため、商品比較をおこなっている人にも役立つと思います。参考になれば幸いです。

カテゴリー: 保険全般 | コメントをどうぞ